Vidyo社より待望のAndroid端末対応のVidyoMobile™が正式リリース

Vidyo社が提供するスマートフォンやタブレットデバイス向けのビデオ会議アプリケーション「VidyoMobile™」に、待望のAndroid端末に対応した「VidyoMobile™ (Android OS版)」が正式リリースされました。
VidyoMobile™は、スマートフォンやタブレットデバイスで、3GやWi-Fi通信を利用して高品質なビデオ会議接続を可能にする優れたビデオコミュニケーションツールです。
また、VidyoGateway™を利用すれば、ポリコムをはじめとするH.323/SIP準拠のビデオ会議システムともビデオ会議接続が可能となり、オフィス内の会議室やデスクと、外出先や自宅勤務時などでもシームレスにビデオコミュニケーションが可能です。
今回、VidyoMobile™ Android OS対応バージョンのリリースにより、iPhone 4/4SやiPad 2だけでなく、Android OSを搭載したスマートフォンやタブレットデバイスでも高品質なビデオ会議接続が可能となります。
VidyoMobile™ Android OS対応バージョンは、Android Marketから無償でダウンロードが可能です。

 

【VidyoMobile™ Android対応バージョンの製品概要、特徴】
◆Android OSを搭載したスマートフォンやタブレットデバイスで、高品質なビデオコミュニケーションを実現
モバイルでも高品質な映像と音声、資料を活用した質の高いコミュニケーション。
最大で720p HDの高品質なビデオ会議を可能に。 ※使用する端末の性能に依存します。
◆3G/4G、Wi-Fiなどのワイヤレス通信でも安定した接続を実現
ワイヤレスネットワークを活用していつでも接続し、コラボレーションを促進。
安定した通話を実現するVidyo独自のテクノロジーがモバイルでも安定し通話をサポート。
H.264 SVC(Scalable Video Coding):パケットロスに強い映像圧縮方式を採用
Vidyo独自のデータ ルーティング技術:VidyoRouter™が各拠点に最適な映像・音声データの送受信を実施
◆シンプルな操作、誰でも簡単に使える
分かりやすく操作しやすいユーザーインターフェースで誰もが簡単に使えます。
画面の向きや画面タッチで画面レイアウトを変更できるなど、直観的な操作を実現しています。
◆ポリコムとも繋がる
VidyoGateway™を経由すれば、ポリコムをはじめとするH.323/SIP準拠のビデオ会議システムともビデオコミュニケーションが可能です。

 

【VidyoMobile™ Android対応バージョンの提供方法】
推奨端末:Android OS バージョン2.2〜3.2、4.0およびARM7ベース搭載のデバイス
アプリケーション提供方法:Android Marketよりダウンロード(無料)
VidyoMobile™の利用に必要なシステム:
VidyoPortal™サーバーおよびVidyoRouter™のそれぞれの機能を持ったサーバー
Vidyo Soft Clientライセンス(25クライアント)(型番: PVLIC-INST-25、旧VidyoDesktopインストールライセンス)
VidyoLineライセンス(型番:PVLIC-LINEPERP)

 

 

【お問い合わせ】
プリンストンテクノロジー株式会社
DCS統括部
東京都千代田区岩本町3-9-5K.A.I.ビル3F
東日本営業部 03-3863-7370(東京本社)
西日本営業部 06-6648-7111(大阪支店)/092-281-3355(福岡支店)
E-mailでのお問合せは専用フォームからどうぞ

RSS配信 rss

新製品のリリース情報をいち早く知りたい方はRSSをご利用ください。