PNS-1000

  •  ソフトウェアダウンロード
PNS-1000

PNS-1000シリーズ用アップデートOSインストール時の注意事項

  • アップデートをする前に必ずNAS内に保存されているデータのバックアップをお取り下さい。
  • アップデートする際は、本体の動作を停止させた後に電源を落とし、その後再起動させて下さい。
  • ダウンロードしたアップデータファイルは、PC等の「フォルダ名に半角英数字のみを使った場所」に保管してください。 2バイト文字を使ったフォルダに置くと、管理画面でアップデート処理が正常に行えない場合があります。
  • アップデート実行後は、速やかにPNS-1000を再起動してください。
    長時間再起動せずに新しいOSで動作させない場合、動作が不安定になる可能性があります。
  • ファームウェアは、最新のバージョンをお使い下さい。

PNS-1000 OSの共通制限事項

  • Mac OS XからPNS-1000にファイルコピーを行う際、 ファイル・フォルダ名は半角32文字までとなります。 それ以上の長い名前を持ったファイル/フォルダはコピーできません。(※これはPNS-1000のOSの制限によるものです)
  • ダウンロード

    PNS-1000シリーズ用 アップデートファイル Version. 1.0.1260.28(約4MB)

  • ダウンロード

    PNS-1000シリーズ用 アップデートファイル Version. 1.0.1260.23(約4MB)

ファームウェア「Ver.1.0.1260.28」
 ユーザーモードを再度使用可能にしたVer.1.0.1260.28をリリース。

2003.11.15 リリース

【 修正点-1 】- Mac OS上でのファイルコピー時の異常動作を解消しました。

  1. Mac OS 9環境で、PNS-1000にファイルやフォルダをコピーする際、エラーがでて正常にコピーができなくなる問題を解消。
    この問題は、Adobe Photoshop、Adobe Illustratorなどで作成したファイル、ファイルの情報欄にコメントを記入していた場合、カスタムアイコンを利用したファイルやフォルダをコピーする際に発生していました。
  2. Mac OS X環境で、PNS-1000にファイルやフォルダをコピーする際、エラーがでて正常にコピーができなくなる問題を解消。
    この問題は、フォルダをコピーする際に発生していました。

【 修正点-2 】

パスワードサーバの設定でいくつかの記号が利用できない不具合を修正しました。 パスワードサーバの設定において、サーバのドメイン名で本来利用可能であるはずの記号(-、_)を受け付けない不具合を修正いたしました。

【 変更点-1 】

瞬停電対策を講じました。停電や操作ミスなど、本体側で瞬停電が発生した場合、 まれに再起動後にシステムの動作が不安定になる問題があることが確認されたため、ファームウェア側で内部情報の リカバリー機能をより強化するなどの対策を行いました。さらに起動時にディスクチェックに関する機能を強化しました。

【 変更点-2 】

ユーザーモードをグループモードに修正しました。 これまで2種類あったユーザーモードの区別がつきにくいとの要望にお答えして、ユーザーモード(書き込み共有) /ユーザーモード(読み込み共有)を「グループモード」にまとめました。機能的にはユーザーモード(書き込み共有) とまったく同じで、グループモードに設定した共有フォルダに対して、そこにアクセスできるユーザを登録します。 それにより、設定したユーザのみ、その共有フォルダをアクセスできます。利用者を限定させてデータを公開・共有する ような使い方に便利です。

【 変更点-3 】

移設時のIP取得が楽になりました。DHCP環境で利用したあと、 DHCPサーバのない環境に移設した際、IPasignでPNS-1000を検出できないケースに対応いたしました。具体的には、 DHCPモードでIPを取得できない際、10分放置すると、特別に設定されたIPアドレス(192.168.204.204)に自動設定される機能を 装備いたしました。この機能により、移設前のIPアドレスが不明な場合でも、IPの判別が楽になりました。


ファームウェア「Ver.1.0.1260.23」
 グループモード対応したVer.1.0.1260.23をリリース。

2003.11.15 リリース

【 変更点-1 】

Ver.1.0.1260.20(ver.20)以降にて、機能サポートをとりやめておりました共有フォルダ作成に関する「ユーザーモード」での使用をお客様のご要望にお答えして再度サポートさせていただきました。  Ver.1.0.1260.19(ver.19)までと同様に「ユーザーモード」のご使用が可能です。
ユーザーモードをお使いになられていないお客様は、Ver.1.0.1260.23をご利用ください。

【 変更点-2 】

ユーザーデータをSupervisorユーザーでバックアップできるようにしました。 「ユーザーデータのバックアップが行えない」とのご指摘をうけ、Supervisorユーザーにて、コピーと閲覧のみ可能にいたしました。
(※書き込みは行えません。)

使用方法:対象のユーザーフォルダにログインする際に、ユーザー名「Supervisor」 password設定されたSupervisor Password(デフォルトは、password)でログインしてください。
(※うまくログインできない場合は、パソコンを再起動し再度お試しください。)