KVMのトップブランド「ATEN」のベストパートナー、株式会社プリンストン

ATENPrinceton




サポート情報

重要なお知らせ

2012年6月 ATEN社作成・発行の「ALTUSENカタログ」KH1508Ai/KH1516Ai 追加増設可能な台数と接続可能コンピューター数の表記誤り、KL1508Ai/KL1516Aiコンピューター最大接続数の表記誤りについて

2012年6月 ATEN社作成・発行の「ALTUSENカタログ」 P.12 KH1508Ai/KH1516Aiにて、追加増設可能な台数と接続可能コンピューター数の表記誤り、P.30~31 ALTUSEN KVMスイッチ/ドロワー仕様比較一覧表のKH1508Ai/KH1516Ai、KL1508Ai/KL1516Aiのコンピューター接続数「最大」の表記に誤りがございます。

訂正箇所1 P.12 KH1508Ai/KH1516Ai Features 2行目:

誤):デイジーチェーン接続対応-KVMスイッチの追加増設は31台まで、接続可能なコンピューターは最大512台まで対応(KH1516Ai使用時)
正):デイジーチェーン接続対応-KVMスイッチの追加増設は15台まで、接続可能なコンピューターは最大256台まで対応(KH1516Ai使用時)

訂正箇所2 P.30 KH1508Aiコンピューター最大接続数 :

誤):256
正):256

訂正箇所3 P.30 KH1516Aiコンピューター最大接続数 :

誤):512
正):256

訂正箇所4 P.31 KL1508Aiコンピューター最大接続数 :

誤):256
正):128

訂正箇所5 P.31 KH1516Aiコンピューター最大接続数 :

誤):512
正):256

ATEN KVMスイッチをPS/2接続する際のご注意

(1)確認されている事象:

サーバーとATEN KVMスイッチをPS/2 KVMケーブル(またはPS/2 CPUモジュール)で接続すると、KVMスイッチ自身に不具合がないのにもかかわらず、「キーボード・マウスの入力遅延や入力不可」、「ウィンドウが勝手にポップアップする」など、キーボード・マウス操作が正しく操作できない状態になる。

(2)対象のサーバー:

これまでにATEN社の調査で下記サーバーの一部で当事象が発生することが確認されています。
NEC:EXPRESS 5800 シリーズの一部
HP :PROLIANT シリーズの一部

(3)回避策:

上記のサーバーでも、USB KVMケーブル/CPUモジュールで接続する。

お電話でのお問い合わせ 03-6670-6848

ページの先頭へ

サポートに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-6670-6848

ページの先頭へ

ファームウェア・マニュアルダウンロード

ダウンロード手順

まず初めに上記「ファームウェア・マニュアルダウンロード」のリンクをクリックしてください。

リンクをクリックするとATEN Japanサイトのダウンロードページが別ウィンドウで開きます。
リンク先:
http://www.atenjapan.jp/download/download.php

ダウンロード手順

マニュアルダウンロード手順

STEP1

マニュアルのプルダウンから製品を選択してください。

STEP1

STEP2

プルダウンから製品を選択するとポップアップでライセンスの同意画面が開きますので、内容に同意した上で「I Agree」ボタンをクリックしてください。

STEP2

STEP3

「I Agree」ボタンをクリックすると、
マニュアルPDFダウンロードのダイアログが表示されますので「OK」をクリックしてマニュアル保存をしてください。

STEP3

ファームウェアダウンロード手順

STEP1

ファームウェアのプルダウンから製品を選択してください。

STEP1

STEP2

プルダウンから製品を選択すると該当するファームウェア一覧が並びますので、「File」欄のリンクをクリックしてください。

STEP2

STEP3

リンクをクリックすると、リリースノートが別ウィンドウで表示されます。そのままダウンロードに進む場合は「I Proceed」をクリックしてください。

「I Proceed」をクリックするとリリースノートがライセンスの同意画面に切り替わりますので、内容に同意した上で「I Agree」ボタンをクリックしてください。

STEP3

STEP3

STEP4

「I Agree」ボタンをクリックすると、ZIPファイルダウンロードのダイアログが表示されますので「OK」をクリックしてファームウェア保存をしてください。

STEP4

ページの先頭へ

製品修理のご依頼

ご依頼の手順

ダウンロード手順

(1)テクニカルサポートに電話

「故障かな」と思ったら、弊社テクニカルサポートにお電話またはメールでお問い合わせください。

(2)不具合の確認

弊社テクニカルサポートで製品が故障しているかどうか、不具合の確認をおこないます。この際、お客様に不具合確認のための動作検証のご協力をお願いすることがございます。
不具合が確認され、修理が必要と判断した場合、製品送付のお願いをさせていただきます。その際「受付番号」を発行いたします。

(3)ATENサポートシートの記入と修理依頼品の送付

製品に添付されているATENサポートシートの各項目を全て記入してください。②で発行された「受付番号」も必ず記載してください。受付番号が記入されていない場合、製品をそのままご返却させていただくことがございますので、ご注意ください。修理依頼品とATENサポートシート、ご購入を証明する書類(納品書やレシート等)のコピーを、ATENサポートシート下部記載の住所までご送付ください。

送料について

初期不良期間(ご購入日から30日)を除き、元払いでご送付ください。

(4)製品の修理とご返却

製品の検査と修理を行います。製品の検査は、プリンストンで行います。不具合が確認された場合、ATENジャパンに送付し、修理を行います。修理期間の目安は、弊社到着後10~14営業日となります。また、有償修理の場合は、御見積をご提示させていいただき、お客様のご同意を得た上で進めさせていただきます。なお、製品の検査で問題が無かった場合は、そのままご返却させていただきますので、予めご了承ください。

修理完了後、ATENサポートシートに記載されたご指定の住所まで、発送をさせていただきます。なお、修理到着日のご案内等はしておりませんので、予めご了承ください。

ページの先頭へ

保証規定

ATENジャパン社の規定する標準製品保証は、定められた期間内に発生した製品の不具合に対して、すべてを無条件で保証するものではありません。製品保証を受けるためには、この『製品保証規定』およびユーザーマニュアルをお読みになり、記載された使用法および使用上の各種注意をお守りください。

また製品保証期間内であっても、次に挙げる例に該当する場合は製品保証の適用外となり、有償による修理対応となりますのでご留意ください。

  • 使用上の誤りによるもの
  • 製品ご購入後の輸送中に発生した事故等によるもの
  • ユーザーの手による修理または故意の改造が加えられたもの
  • 購入日の証明ができず、製品に貼付されている銘板のシリアルナンバーも確認できないもの
  • 車両、船舶、鉄道、航空機などに搭載されたもの
  • 火災、地震、水害、落雷、その他天変地異、公害、戦争、テロリズム等の予期しない災害によって故障または破損したもの
  • 日本国外で使用されたもの
  • 日本国外で購入されたもの

製品保証期間

製品保証期間は通常製品/液晶ディスプレイ搭載製品で異なります。詳細は下記をご覧ください。

通常製品 製品納品日~30日 初期不良、新品交換1
31日~3年間 無償修理
4年目以降 有償修理2
液晶ディスプレイ
搭載製品
製品納品日~30日 初期不良、新品交換1
31日~2年間 無償修理
3年目以降 有償修理2

1 製品納品日から30日以内に弊社または販売店に申告を頂いた不具合を初期不良とし、新品交換を行います。初期不良の場合の送料は往復弊社にて負担いたします。
2 有償修理の金額は別途製品を購入された販売店までお問い合わせください。
ケーブル類、その他レールキット等のアクセサリ類はDOA・初期不良の際の新品交換のみ、承ります。
EOL(生産終了)が確定した製品については、初期不良であっても無償修理対応とさせていただきます。またEOL製品の修理に関して、上記無償修理期間中であっても、部材調達の都合等により修理不可になる可能性がございます。そのような場合には、機能同等品による良品交換のご対応となる可能性がございます。
本保証期間は2007年9月1日以降にご購入された場合に適用されます。それ以前に購入された製品については、1年間の保証となります。

補足

本規定はATEN/ALTUSEN ブランド製品に限り適用します。
ケーブル類は初期不良対応に準じます。

初期不良による新品交換の場合は、ATEN より発送した代替品の到着後、5営業日以内に不具合品を弊社宛に返却してください。返却の予定期日が守られない場合は弊社から督促を行いますが、それにも係わらず不具合品が返却されない場合は、代替機相当代金を販売代理店経由でご請求いたします。
ラベルの汚損や剥がれなどにより製品のシリアルナンバーが確認できない場合は、すべて有償修理とさせていただきます。
延長保証オプションについて

免責事項

  1. ATEN社製品は一般的なコンピュータのメインフレームおよびインターフェースの操作・運用・管理を目的として設計・製造されております。高度な動作信頼性と安全性が求められる用途、例えば軍事使用、大規模輸送システムや交通インフラの制御、原子力発電所、セキュリティシステム、放送システム、医療システム等における可用性への要求を必ずしも満たすものではございません。
  2. キーボード、マウス、モニタ、コンピュータ等、ATEN社製品に接続されるクライアントデバイスは、それぞれベンダの独自技術によって開発・製造されております。そのため、これらの異なるデバイスを接続した結果、予期できない機器同士の相性問題が発生する可能性があります。また、機器の併用により、それぞれオリジナルで持つ機能を全て発揮できない可能性があります。異なる環境・異なる機器の組み合わせにより、機能面での使用制限が必要になる可能性があります。
  3. 他社製品のKVMスイッチ、キーボード・マウスコンバータ、キーボード・マウスエミュレータ、KVMエクステンダー等との組み合わせはサポート対象外となりますが、お客様で自己検証の上であれば、使用を制限するものではありません。
  4. 製品に対しての保証は、日本国内で使用されている場合のみ対象とさせて頂きます。
  5. 製品やサービスについてご不明な点がある場合は、弊社テクニカルサポート部門までお問い合わせください。

ページの先頭へ


製品型番検索

製品詳細検索はこちら

製品一覧

オンサイト保守プラン

サポート情報

6 STAR PROGRAM

ATENコントロールシステム

CC2000体験版CD

KVMオーバーザネット

eco PDU

各種お問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ページの先頭へ

Copyright© Princeton Ltd. All Rights Reserved.